ビジネスセミナー・イベント情報(平成28年3月〜4月)

宮城県

中小企業のマーケティング戦略を組み立てる

開催概要

日時

第1回目3/2(水) / 第2回目3/9(水) 19:00~20:30

開催内容

売上向上の為の目標設定から、ターゲットの設定、商品、価格、流通、プロモーションなどの戦略の立案プロセスを学びます。
事例として、現在の売上高10億円から5 年後に10倍の100億円を目指している実在の企業を取り上げ、どのようなマーケティング戦略を立案すればその目標が達成できるかを、グループでディスカッションしていきます。
実際のビジネスでのマーケティング戦略の組み立てを体感し、役立つスキルを身につけることができる実戦的な講座です。

  • 第1回目「売上目標やターゲット設定、商品の価格設定のプロセス」
  • 第2回目「商品の流通や、プロモーション、CRM戦略」

【講師】株式会社MBA Solution 代表取締役 安部 徹也氏

会場

仙台印刷工業団地協同組合3階ホール

仙台印刷工業団地協同組合
対象者

ビジネスパーソン、クリエイター、支援事業者

主催

ビジネスデザインセンター

参加費用

無料

参加申し込み

メールにて申し込み 送信先アドレス:info@square3f.jp
お名前・電話番号・メールアドレス、受講日程(2回とも・1回目のみ・2回目のみ)のいずれかを明記のうえ、ご送信ください。

お問い合わせ先

ビジネスデザインセンター(仙台印刷工業団地協同組合内)
TEL:022-354-0577 担当:佐々木・内村

海外ビジネス総合相談会in仙台

開催概要

日時

平成28年3月3日(木)13時~17時

  • セミナー(挨拶・質疑応答含む)13時~16時
  • 個別相談会(20~30分/1社)16時~17時 事前登録制※受付終了
開催内容

近年著しい経済成長を遂げ、また自由貿易圏化が進展しているASEAN地域に焦点を当て、各分野の専門家に具体例を交えてご講演いただきます。
併せて、海外ビジネス支援機関による、県内企業向けの平成28年度補助事業・支援事業等をご紹介いたします。

  1. ASEAN経済共同体と中小企業の海外戦略について(仮)
  2. ASEAN地域におけるロジスティクス(仮)
  3. 海外ビジネス支援機関の平成28年度補助事業概要等(仮)

【講師】

  1. 独立行政法人中小企業基盤整備機構 シニアアドバイザー 加藤 洋一郎 氏
  2. 日本通運株式会社海運事業支店 事業統括部 物流開発 課長 西重 学 氏
  3. 宮城県ほか、海外ビジネス支援機関
会場

県庁舎1階 みやぎ広報室

宮城県庁
募集人員

先着順70名

主催

公益社団法人宮城県国際経済振興協会

参加費用

無料

参加申し込み

平成28年3月1日(火)締切
参加申込書(PDFファイル

お問い合わせ

海外ビジネス支援室
宮城県経済商工観光部 海外ビジネス支援室(県庁13階)
Tel:022-211-2962  Fax:022-268-4639

みやぎの農業と食品産業の絆シンポジウム2016

開催概要

日時

平成28年3月3日(木)13:30~17:00(受付13:00~)

開催内容
  1. 基調講演 13:40~14:40
    「東日本大震災からの復興5年を振り返る」
    宮城県農林水産部 次長 小島 俊夫 氏
  2. パネルディスカッション 14:50~16:10
    「震災復興5年の連携による商品開発

    • パネリスト
      ㈲イーストファームみやぎ 代表取締役 赤坂 芳則 氏
      カルビー㈱ マーケティング本部 スナック部 部長 宮倉 裕幸 氏
      ㈱木の屋石巻水産 品質管理室 室長 松友 倫人 氏
      ㈱ささ圭 専務取締役 佐々木 靖子 氏
    • コーディネーター
      宮城大学食産業学部 准教授 堀田 宗徳 氏
  3. 事例報告・情報提供 16:20~17:00
    • 「被災地農産物(パプリカ)の機能性を担保するために
      ~パプリカに含まれるルテオリンの吸収動態評価~」
      東北大学大学院農学研究科 准教授 仲川 清隆 氏
    • 「被災地農産物を利用した特徴ある乾燥品開発を目指して」
      ㈱はつらつ 山内 彩子 氏
    • 「6次産業化への取組みについて」
      ㈱七十七銀行 地域開発課 副長 小野家 拓洋 氏
会場

アークホテル仙台青葉通り「グランドコート」

アークホテル仙台青葉通り
募集人員

90名

参加費用

無料

参加申し込み

平28年2月29日(月)締切
参加申込書(PDFファイル)

お問い合わせ

宮城県食品産業協議会事務局 担当:小野寺・佐藤

インバウンドのいろは研修

開催概要

日時

平成28年3月7日(月)14:30~16:30

開催内容
  • 海外から宮城県を訪れる観光客に関するデータ・情報
  • 外国人観光客が喜ぶ宮城県の観光資源
  • 受け入れ体制整備の必要性・ポイント
  • 宮城県においてのおもてなし方法の意見交換

【講師】阿部 千賀子

会場

気仙沼市中央公民館 第3・4会議室

気仙沼中央 公民館
対象者

観光・物販・宿泊・サービス・案内などのお仕事に関わられている方。インバウンドに興味のある方

募集人員

50名

主催

国土交通省東北運輸局

参加費用

無料

参加申し込み

参加申込書(PDFファイル

お問い合わせ

株式会社ライフブリッジ TEL:022-290-9585

クレームマネジメントセミナー

開催概要

日時

平成28年3月7日(月)10:00~16:00

開催内容
  1. クレームの背景と傾向
    • クレームが多発しているその背景と現状
    • クレーム件数の動向
    • クレームの原因
  2. クレームの仕組み・発生する原因
    • クレームは、なぜ起きるのか
    • 対応できるクレームは氷山の一角
    • サイレントクレームの怖さ
  3. お客様の心情分析
    • お客様の心情
    • お客様が訴えたいことは2つ
    • 理由のあるクレームと理由のないクレーム
会場

仙台商工会議所 7階 中会議室

仙台商工会議所
対象者

管理職、クレーム担当者、窓口業務担当者等

募集人員

40名 ※定員になり次第締切

参加費用

会員企業1名15,000円/非会員企業1名25,000円〔テキスト代・消費税込み〕
【但し1企業で3名以上のお申込みいただいた場合会員企業1名12,000円/非会員企業1名22,000円に割引致します。】

参加申し込み

平28年2月29日(月)締切

参加申込フォームより申し込み

お問い合わせ

仙台商工会議所 人材育成センター
TEL:022-265-8126 Fax:022-265-8130

省エネルギー・新エネルギー・3R実践支援セミナー

開催概要

日時

平成28年3月9日(水)13:30~16:30 ※13:00~受付

開催内容
  1. 第1部 宮城県による事業所向け支援施策の紹介 13時30分~14時10分
    •  【環境政策課】
      • 省エネルギー・コスト削減実践事業
      • 新エネルギー設備導入支援事業
      • クリーンエネルギーみやぎ創造チャレンジ事業
      • みやぎ産業廃棄物3R等推進設備整備事業
      • 環境産業コーディネーター派遣事業
      • 3R新技術研究開発支援事業
      • 産業廃棄物再生資源等有効活用推進事業
      • 宮城県バイオディーゼル燃料利活用奨励金交付事業
    •  【新産業振興課】
      • クリーンエネルギー・省エネルギー関連新製品創造支援事業
  2. 第2部 実践事例紹介 14時20分~15時10分 
    • 講演1 マルチプライ株式会社
      マルチプライ株式会社ネットゼロエネルギーモデルビル事業
    • 講演2 株式会社一ノ蔵
      冷却用低温エアコンディショナー高効率インバーター機器更新による省エネルギー事業
    • 講演3 株式会社カルラ
      動植物性残渣のコンポスト化
    • 講演4 一般財団法人蔵王酪農センター
      コーヒー豆粕の排熱利用乾燥で家畜敷料利用材その炭化物で生鮮食品の鮮度保持剤利用の開発 
    • 講演5 株式会社ジェイネックス
      汚泥投入による食品廃棄物メタン発酵プラントへの影響に関する研究開発
  3. 第3部 東北経済産業局による支援策の紹介
    • 講演 東北経済産業局 15時10分~15時20分
    • 相談コーナー 15時20分~16時00分
会場

宮城県行政庁舎 2階 講堂

宮城県庁
募集人員

先着順200名

主催

宮城県

参加費用

無料

参加申し込み

平成28年3月7日(月)締切
参加申込書(PDFファイル)

お問い合わせ

宮城県環境生活部環境政策課環境産業振興班
電話:022-211-2664  Fax:022-211-2669
email:kankyoi@pref.miyagi.jp

平成27年度登米地域観光セミナー

開催概要

日時

平成28年3月9日(水)13:30~

開催内容

【講師】高松 正人 氏
株式会社JTB総合研究所 常務取締役・観光危機管理研究室長

会場

ホテルサンシャイン佐沼

ホテルサンシャイン佐沼
主催

宮城県東部地方振興事務所登米地域事務所

参加費用

無料

参加申し込み

申込書(PDFファイル)に記入のうえFaxまたはemailにて申し込み
または電話にて申し込み

お問い合わせ

宮城県東部地方振興事務所登米地域事務所地方振興部 商工・振興班
電話:0220-22-6123 Fax:0220-22-7522
email:et-tmsinbk1@pref.miyagi.jp

復興から新しい東北の創生へ-科学技術の英知・絆の成果-

開催概要

日時

平成28年3月10日(木) 開場12:30

開催内容
  • シンポジウム 13:00~15:50
    • 13:00 開会主催者・来賓挨拶
    • 13:30 基調講演 
      「震災復興から地域を興すイノベーションへ -マッチングによる新たな産業の創出を目指して-」 
      福島大学副学長(地域連携担当)・地域創造支援センター長、 
      JST復興促進プログラム(マッチング促進)プログラムオフィサー小沢喜仁 氏
    • 14:00 JST復興促進センターのこれまでの取り組みとマッチングプランナープログラムについてご案内

    • 14:15パネルディスカッション
      「震災復興への科学技術の関わり、そして地方創生に向けて」
      【モデレーター】東経連ビジネスセンターセンター長西山英作 氏
      【パネリスト】岩手大学学長岩渕明 氏
      公益財団法人 みやぎ産業振興機構 理事長 井口泰孝 氏
      株式会社アイカムス・ラボ 代表取締役 片野圭二 氏
      一般社団法人さとうみファーム 理事長 金藤克也 氏
      株式会社KiMiDoRi 兼子まや 氏
    • 15:50閉会
  • 成果展示 12:30~18:00
    JSTの支援企業55社による研究開発成果を、目に見えるあるいは体験できる形式で分かりやすくご紹介します。 また、マッチングプランナープログラムなどのJSTの実施事業紹介パネルを展示します。
  • 出展企業12社によるショートプレゼン 16:00~17:30
    成果展示会場では下記出展企業によるショートプレゼンを行います。

    1. 高価なレアメタルの代替品となる安価なアモルファス鉄粉の開発 ハード工業(有)
    2. 救急用点滴スタンドレス輸液装置の開発 (株)アイカムスラボ 
    3. 長く保存しても風味が維持される生麺 (株)川喜 
    4. 超小型部品へのレーザーメッキ工法の高度化 三共精密金型(株) 
    5. ブランド羊肉の開発 (一社)さとうみファーム 
    6. ゲームで遊びながら弱視や斜視の治療を行う小児向けタブレット型視能訓練装置 ヤグチ電子工業(株) 
    7. 見る工芸から使う工芸へ -日常生活になじむ「玉虫塗」の実現- (有)東北工芸製作所 
    8. 抜群の省エネ効果を発揮するリチウムイオン電池充放電検査装置 凌和電子(株) 
    9. おいしい玄米あまざけでダイエットをサポート 会津天宝醸造(株) 
    10. ニッケルフリーのステンレス鋼製造による腕時計、医療機器への適用 林精器製造(株) 
    11. 新しいイチゴ栽培法で川内村を復興 (株)KiMiDoRi 
    12. 放射性セシウムを含む焼却飛灰の減容化 (株)カサイ
会場

仙台国際センター 会議棟

仙台国際センター
シンポジウム/レセプションホール「桜」 成果展示/大会議室「橘」 

対象者

産学連携に関心のある事業者を始め、どなたでもご参加いただけます。

募集人員

500名

主催

国立研究開発法人科学技術振興機構

参加費用

無料

参加申し込み

平成28年3月7日(月)締切

  • 参加申込フォームより申し込み
  • 案内チラシPDFファイル)の参加申込用紙に必要事項をご記入のうえ、申込先に送信してください。
    FAX申込先:JST復興促進センター  FAX.022-395-5830

お問い合わせ

国立研究開発法人科学技術振興機構 JST復興促進センター
担当者 松澤、田原
TEL:022-395-5712 FAX:022-395-5830 Email:fukkou@jst.go.jp

吉越浩一郎氏講演会「勝てる人の方程式」~一般社団法人日本産業カウンセラー協会創立55周年記念 無料公開セミナー~

開催概要

日時

平成28年3月10日(土)14:00~15:30

開催内容

【講師】吉越 浩一郎

会場

仙台国際センター「萩」

仙台国際センター
募集人員

定員 200名

主催

一般社団法人 日本産業カウンセラー協会 東北支部

参加費用

無料

参加申し込み

  • FAXでのお申込み
    お申込書(PDFファイル)をダウンロードの上、必要事項を記入し、022-715-8115にFAX送信して下さい。
  • メールでのお申込み
    お申込書(PDFファイル)をダウンロードの上、メールにFAX用申込書と同じ必要事項を入力し、seminar0310@circus.ocn.ne.jpにメール送信して下さい。

お問い合わせ先

一般社団法人日本産業カウンセラー協会 東北支部
FAX:022-715-8115 Eメールアドレス:seminar0310@circus.ocn.ne.jp

仙台防災未来フォーラム2016

開催概要

日時

平成28年3月12日(土)10:00~18:00

開催内容

「第3回国連防災世界会議」の開催から1周年の機会に、仙台・東北で復興や防災・減災に取り組んできた市民、行政、研究機関の関係者等が集い、活動事例などを発表するとともに、国連防災世界会議で採択された国際的な防災指針である「仙台防災枠組2015-2030」を踏まえたそれぞれの今後の活動の方向性や課題を話し合い、仙台・東北から未来に貢献する防災推進のために、何ができるのかについて考え、発信します。

会場

仙台国際センター会議棟、仙台市博物館

仙台国際センター
対象者

どなたでもご参加いただけます

募集人員

1,000名

主催

仙台市

参加費用

無料

参加申し込み

  • オープニング、クロージング、ミニプレゼンテーション、ブース展示への参加
    事前申込不要です。直接会場へお越しください。
  • テーマセッションへの参加
    セッションにより事前申込優先のものと事前申込不要のものがありますので、下記にてご確認ください。また、申込方法については各テーマセッション主催者に直接お問合せください。 http://www.bosai-sendai.jp/mirai-forum2016/symposium.html

お問い合わせ

仙台防災未来フォーラム2016 運営事務局
TEL:022-217-7851 FAX:022-723-3210
Email:mirai-forum@bosai-sendai.jp

耐災害ICT研究シンポジウム及びデモンストレーション2016

開催概要

日時

2016年3月14日(月)13:00~16:00

開催内容
  • 開会挨拶
    • 坂内正夫(情報通信研究機構 理事長)
  • 第1部 講演
    • 耐災害ICT研究の進展と今後
      冨永昌彦(総務省 大臣官房総括審議官)
    • 「ICTによる大規模災害への備え ~政府の取組と方向性~」(仮題)
      原信義(東北大学 理事)
    • 「東北大学復興アクションの成果と今後」
    • 根元義章(情報通信研究機構 耐災害ICT研究センター長)
      「耐災害ICT研究開発とレジリエントな防災・減災機能の強化(SIP)の取り組み」
  • 第2部 パネル討議 耐災害ICT研究によるレジリエントな社会構築
    • パネリスト
      • 加藤寧(東北大学 電気通信研究機構長)
      • 東條弘(NTT 未来ねっと研究部長)
      • 阿部博則(KDDI 復興支援室長)
      • 坂本和大(白浜町役場 総務課主査)
      • Sopheap SENG(カンボジア 郵便電気通信情報通信研究所長)
    • モデレーター
      • 熊谷博(NICT 耐災害ICT研究センター副センター長)
  • 閉会挨拶 15:45~16:00
    • 富田二三彦(情報通信研究機構 理事)
会場

仙台国際センター140.857601 会議棟2階

仙台国際センター
主催

国立研究開発法人情報通信研究機構

後援

総務省、耐災害ICT研究協議会

参加費

無料

参加申し込み

問い合わせ先

耐災害ICT研究センター企画室
電話:022-713-7511 Fax:022-713-7587

2nd CIES Technology Forum

開催概要

日時

平成28年3月17日(木)10:30-17:45 / 18日(金)9:30-16:40

開催内容

 東日本大震災からの復興・新生に貢献すべく取り組んで参りましたCIESの活動をご紹介するために、「2nd CIES Technology Form」を下記のとおり開催いたします。
 Forum初日には、IT及び自動車分野を中心とした成長産業に資する最先端の集積エレクトロニクスに関する国際シンポジウム、二日目には、当センターが推進している産学共同研究、大型国家プロジェクト及び地域連携プロジェクトからなるCIESコンソーシアムでの活動成果を紹介するCIES成果報告会を開催します。
 併せて、CIESインターシップのご紹介、CIESの最先端施設設備をご覧いただけるラボツアーを行います。加えて、CIESが宮城県と連携して取り組む集積エレクトロニクス技術及びカーエレクトロニクス技術にかかる事業化検討会に参加している地域連携企業様の活動を紹介するパネル・技術展示も行います。

会場

東北大学 青葉山新キャンパス 災害科学国際研究所 多目的ホール

東北大学 国際集積エレクトロニクス研究開発センター
主催

東北大学

参加申し込み

参加申込フォームよりお申込み

お問い合わせ

東北大学 国際集積エレクトロニクス研究開発センター
TEL 022-796-3410 FAX 022-796-3432
support-office@cies.tohoku.ac.jp

マシンインテリジェンス研究会 第3回研究会

開催概要

日時

平成28年3月29日(火)13:30~16:55

会場

東北大学 青葉山キャンパス 青葉記念会館4F大研修室

創造工学センター
対象者

マシンインテリジェンス技術に興味をお持ちの事業者をはじめ、どなたでもご参加いただけます。

募集人員

60名

主催

マシンインテリジェンス研究会

参加費用

無料(懇親会 6,000円(非会員))

参加申し込み

下記担当まで電子メールにてご連絡ください

 Email:mitoos-study@mitoos.jp 担当者:東杜シーテック(株)藤丸

お問い合わせ先

マシンインテリジェンス研究会 情報交換会担当 TEL:022-354-1230/Email:mitoos-study@mitoos.jp 担当者:東杜シーテック(株)藤丸

金融・経済講演会2016 ~国際金融経済が直面する課題と今後の展望~

開催概要

平成28年5月20日、21日に「G7仙台財務大臣・中央銀行総裁会議」が開催されますが、その1か月前の記念イベントが開催されます。

日時

平成28年4月23日(土)13:30~16:10

開催内容
  • 第一部 基調講演1
    「国際金融経済が直面する課題と今後の展望」
    講師:東京大学大学院 経済学研究科 教授 伊藤元重 氏
  • 第二部 基調講演2
    「地元企業の海外展開の状況と今後の可能性」
    講師:(株)七十七銀行 常務取締役 小林 英文 氏
会場

TKPガーデンシティ仙台(アエル21階)ホールA

AER
対象者

どなたでも

募集人員

200名

主催

2016 G7仙台財務大臣・中央銀行総裁会議推進協力委員会、
宮城県金融広報委員会、宮城県、仙台市

参加費用

無料

参加申し込み

  • メール zaimudaijin_kaigi2016@city.sendai.jp
  • ファックス 022-214-8530
お問い合わせ先

2016 G7仙台財務大臣・中央銀行総裁会議推進協力委員会事務局
電話:022-214-8763

 

トップへ戻る

青森県

効率の良い工場づくりセミナー

開催概要

日時

平成28年3月2日(水)15:00~17:00

開催内容
  • 職場のあるべき姿
    職場はどうあるべきか。あるべき姿の実現(カイゼン事例)
    2S活動の実践
  • 管理者のあるべき姿
    会社・職場の目標・目的を達成するために、管理者がすべきこと

【講師】 現場力強化アドバイザー 松村 清明氏

会場

弘前商工会議所202室

弘前商工会議所
対象者

ものづくり企業の経営者層、製造部門・営業部門の管理者・リーダー等

募集人員

20名

参加費用

無料

参加申し込み

平成28年2月29日(月)締切
参加申込書(PDFファイル

お問い合わせ先

公益財団法人21あおもり産業総合支援センター  取引推進課
宮川 電話:017-775-3234  FAX:017-721-2514

トップへ戻る

岩手県

平成27年度岩手県水産試験研究成果等報告会

開催概要

日時

平成28年3月7日(月)13:00~16:30

開催内容
  1. ワカメ養殖作業効率化へ向けた研究
  2. 湯通し塩蔵ワカメ・コンブの品質安定化への取組みについて
  3. 栄養塩モニタリング結果に基づくワカメ本養成開始適期の予測
  4. 養殖漁場に影響を与える海況変動とその予測可能性
  5. サクラマス増殖について
  6. サケの回帰状況について
  7. アワビの資源動向について
会場

岩手県水産技術センター 2階大会議室

岩手県水産技術センター
対象者

水産関係者のほか一般の参加も大歓迎です

募集人員

約90名

主催

岩手県水産技術センター・岩手県内水面水産技術センター

参加費用

無料

参加申し込み

平成28年3月2日(水)締切
申込書(Microsoft Wordファイル
岩手県水産技術センター 企画指導部
TEL:0193-26-7914 FAX:0193-26-7910

北東・地域大学コンソーシアム産学官連携フォーラム及び調査事業報告会

開催概要

日時

平成28年3月8日(木)13:00~17:00

開催内容
  • 12:30~13:00  受  付
  • 13:00~13:10  開会挨拶
  • 13:10~13:20  来賓挨拶
    文部科学省 科学技術・学術政策局
    産業連携・地域支援課 大学技術移転推進室
  • 13:20~14:15  基調講演
    「長野県内19大学等で形成する “信州産学官連携機構”を活用した、産学官金民連携による地域活性化の取り組み」
    信州大学産学官連携推進本部 学長補佐・准教授 杉原 伸宏 氏
  • 14:15~14:50 NERUC活動報告
    1. NERUC概要説明、IRU活動報告
      岩手大学地域連携推進センター 副センター長 対馬 正秋
    2. NLU活動報告  帯広畜産大学 理事・副学長 金山 紀久
    3. NERUCの今後のあり方について
      岩手大学 理事(総務・地域連携・国際連携担当)・副学長 岩渕  明
  • 14:50~15:30  会場との意見交換
  • 15:30~15:40  休  憩
  • 15:40~16:10  調査報告①
    『十勝地域のアグリ・バイオ産業関係者を対象とした産学官連携についての要望調査』
    帯広畜産大学地域連携推進センター 教授 高松 典雄
  • 16:10~16:40 調査報告②
    『東日本大震災における産学官連携への影響調査』
    岩手大学地域連携推進センター 副センター長 対馬 正秋
  • 16:40~16:50 会場との意見交換
  • 16:50~16:55 閉会挨拶
  • 17:20~19:30 情報交換会
会場

ホテルメトロポリタン盛岡 本館 4階 岩手姫神

ホテルメトロポリタン盛岡本館
主催

北東・地域大学コンソーシアム
(岩手大学、帯広畜産大学、弘前大学、山形大学、岩手県立大学、岩手医科大学、富士大学、盛岡大学)

参加費用

無料 ※情報交換会に出席される方は会費5,000円

参加申し込み

平成28年3月1日(木)締切
参加申込書(PDFファイル

中小企業海外展開シリーズセミナーの開催について(第5回)

開催概要

日時

平成28年3月16日(水)13:30~15:30

開催内容

わが社はどこの国に進むべきなのか~最新海外事業から見る進出先について~

【講師】独立行政法人 中小企業基盤整備機構 シニアアドバイザー 佐藤 一 氏

会場

いわて観光経済交流センター会議室(盛岡市マリオス3階)

マリオス
対象者
  • 海外展開を目指す、又は、海外事業の持続的展開/拡大を目指す中小企業の経営者・担当者の皆さん
  • 本県中小企業の海外展開を支援する関係機関の担当者
募集人員

30名

主催

いわて海外展開支援コンソーシアム

参加費用

無料

参加申し込み

平成28年3月11日(金)締切
参加申込書(PDFファイル

トップへ戻る

秋田県

秋田県産学官連携促進事業成果報告会・秋田わか杉科学技術奨励賞受賞記念講演会

開催概要

日時

平成28年3月25日(金)13:00~17:10

開催内容
  • 12:30 受付開始
  • 13:00~13:05 開会・ガイダンス
  • 13:05~16:30 産学官連携促進事業 研究成果報告(12件)
  • 16:30~17:10 秋田わか杉科学技術奨励賞 受賞記念講演(2件)
  • 17:10 閉会
  • 17:30~ 交流会
会場

カレッジプラザ 講堂

県立秋田明徳館高等学校
主催

秋田県学術振興課

参加費用

無料(※交流会 3,500円 立食式)

参加申し込み

平成28年3月11日(金)締切
参加申込書(PDFファイル

お問い合わせ先

企画振興部 学術振興課 TEL:018-860-1223/FAX:018-860-1225 E-mail:gakujutsu@pref.akita.lg.jp

トップへ戻る

山形県

瓦リサイクル講演会

開催概要

日時

平成28年3月10日(木)10:30~12:00

開催内容

使用済みの瓦の多くは廃棄物として処分されています。この未利用資源を有効にリサイクルするにはどうすべきでしょうか?全国の先進事例を踏まえ、庄内地域における瓦のリサイクルの今後の展望について御説明します。

【演題】「瓦リサイクルの先進事例を踏まえた今後の展望」

【講師】東北公益文科大学 教授 古山 隆 氏

会場

酒田市公益研修センター2階 中研修室2

東北公益文科大学
募集人員

60名

主催

山形県 庄内総合支庁

参加費用

無料

参加申し込み

先着順 申込書(Microsoft Wordファイル)

お問い合わせ先

山形県庄内総合支庁環境課 TEL:0235-66-4914/FAX:0235-66-4749

トップへ戻る

福島県

オフタイムサロン『世界に誇るいわきのものづくり企業-古河電池株式会社の取り組み-』

開催概要

日時

平成28年3月7日(木)18:00~19:30

会場

 いわき産業創造館  企画展示ホールA(LATOV6階)

LATOV
定員

40名

主催

公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会

共催

福島県いわき地方振興局、いわき商工会議所、中小企業家同友会 いわき地区

参加費用

無料(交流会参加時は回避1,000円)

参加申し込み

  • FAXにて申込書(PDFファイルMicrosoft Wordファイル)に記入のうえ下記申込先宛申し込み
  • メール、電話にて「会社名」・「所属」・「職名」・「氏名」・「住所」・「連絡先」・「交流会参加の有無」を記入のうえ下記宛申込み

問い合わせ先

公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
電話:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571 email:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

農商工連携推進フォーラム 2016 in いわき

開催概要

日時

平成28年3月12日(金)13:30〜17:00

内容
  • 基調講演「食べる人とつくる人をつなぐ「食べる通信」の挑戦」
    講師:高橋博之(東北食べる通信 編集長/(一社)日本食べる通信リーグ 代表理事/NPO法人東北開墾 代表理事)
  • いわき市における取り組み紹介(14:30~15:00)テーマ:小さな力の商品開発~6次化商品のブランディング~
    講師:五日市知香(株式会社パイロットフィッシュ 代表取締役 商品開発コーディネーター)
  • 試食交流会~いわきの元気印発見!~
会場

 いわき産業創造館  企画展示ホールA(LATOV6階)

LATOV
主催

(公社)いわき産学官ネットワーク協会

共催

福島県いわき地方振興局、いわき商工会議所、いわき地区商工会連絡協議会、福島県中小企業家同友会 いわき地区、いわき経済同友会。(公社)いわき法人会

定員

60名(先着順)

参加費用

無料

申し込み方法

申込書(カラーPDFファイルモノクロPDFファイルMicrosoft Wordファイル)に記入のうえFAX、メール又は直接持参のいずれかの方法にて下記宛申込み

申し込み・問い合わせ先

公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(担当:阿部、永山、堀内)
電話:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571 email:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
電話:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571 email:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

新しい福島農業の創造を支える農業研究シンポジウム

開催概要

日時

平成28年3月16日(水) 10:30~16:00

内容
  1. 農業放射線研究等の成果報告
    1. 政府における農業放射線研究及び震災復興研究の推進
      【農林水産省 農林水産技術会議事務局 中谷誠 研究統括官】
    2. 農業環境における放射性物質の動態解明への取組
      【農業環境技術研究所 荒尾知人 研究コーディネータ】
    3. 農地除染技術及び農作物への移行低減技術の研究開発への取組
      【農研機構 東北農業研究センター 信濃卓郎 農業放射線研究センター長】
    4. 福島県における農業復興に向けた研究開発への取組
      【福島県 農業総合センター 服部実 生産環境部長】
  2. 第2部 営農再開の現状と今後の課題に関する講演
    1. 被災地の復興への取組の現状
      【復興庁 福島復興局 青山卓二 次長】
    2. 福島県の農業復興への取組の現状と課題
      【福島県 農林水産部農林企画課 荻野憲一 主任主査】
    3. 営農再開への取組状況と現地における技術的課題
      【飯舘村 復興対策課 杉岡誠 主任主査兼農政係長】
  3. パネルディスカッション
    • 座長
      • 佐々木昭博 農研機構 副理事長
    • パネリスト
      • 塚田祥文 福島大学 環境放射能研究所 副所長・教授
      • 万福祐造 国際農林水産業研究センター 企画調整部技術促進科長
      • 第1部及び第2部の講演者
会場

コラッセふくしま多目的ホール

コラッセふくしま
主催

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)

共催

福島県及び国立研究開発法人 農業環境技術研究所

定員

60名(先着順)

参加費用

250名

申し込み方法

申し込みフォームより申込み

問い合わせ先

シンポジウム事務局(農研機構 本部 研究戦略チーム 担当:村上)
電話:029-838-8285

Rice plant of Fukushima Prefecture

Photo by IAEA Imagebank via frickrCC BY 4.0

ベトナム経済セミナー~福島との協力に向けて~

開催概要

日時

平成28年3月17日(木)14:00~16:20(受付開始13:30)

テーマおよび講師
  • 基調講演 「ベトナムの最新経済状況と日越関係」
    講師:駐日ベトナム社会主義共和国大使館 特命全権大使 グエン・クオック・クオン氏
  • 「ベトナムの投資環境と日本中小企業誘致政策」
    講師:駐日ベトナム社会主義共和国大使館 参事官 投資促進部長 グエン・バン・バー氏
  • 「ベトナムと日本との人材協力潜在性」
    講師:駐日ベトナム社会主義共和国大使館 参事官 労働部長 グエン・ザー・リエム氏
  • 「日本企業の海外ビジネス展開支援」
    講師:独立行政法人 日本貿易振興機構 福島貿易情報センター 所長 重岡 純氏
会場

ホテルサンルートプラザ福島

ホテルサンルートプラザ福島
定員

100名程度(申込順)

主催

駐日ベトナム社会主義共和国大使館

協賛

株式会社東邦銀行

参加費用

無料

参加申し込み

東邦銀行本支店窓口に備付の申込書、またはこちらの申込書(PDFファイル)に必要事項を記入の上、最寄りの窓口またはFAXにより申し込み

問い合わせ先

東邦銀行国際営業部 国際営業課 担当:佐藤(は)、佐山、小池、関原
電話:024-523-3223

東邦銀行定期講演会(PDFファイル)

開催概要

日時

平成28年3月18日(金)13:00〜

テーマおよび講師
  • 「ダントツの強みを磨け」
    コマツ相談役 坂根正弘
会場

ホテルハマツ

ホテルハマツ
定員

400名(先着順)

参加費用

無料

問い合わせ先

一般財団法人とうほう地域総合研究所
電話:024-523-3171 Fax:024-522-5663

トップへ戻る

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL