『NPOと中小企業のためのウィンドウズ7セキュリティ更新終了対策セミナー』開催 7月4日(木)、11日(木)

ウィンドウズ7のマイクロソフトによるセキュリティ更新サポートが2020年1月14日で終了します。その後は、ウィンドウズ7搭載のパソコンが、インターネットを通じて新しいウイルスに感染する可能性が格段に高くなり、個人情報やデータ漏えいなどのリスクに無防備にさらされることになります。市販のウイルスソフトもカバーできなくなってきます。サポート終了で「どうなる?」「どうする?」。コストをなるべくかけずにできるWindows10パソコンへの代替えやデータ・ソフト移行などの方法について、NPOと中小企業の視点から現実的な対策について解説します。あと半年を切って、もう待ったなしの時間です。

【開催日時】
第1回 2019年7月4日(木) 18:00~
第2回 2019年7月14日(木) 18:00~
※第1回、第2回とも同一内容です。
※NPOと中小企業のみなさまに多く参加いただきたいため、IT関連業の方のご参加はご遠慮ください。

【会場】
仙台市中小企業活性化センター 6階 セミナールーム2B
仙台市青葉区中央1-3-1 アエル6階
TEL:022-724-1200

【主催】
小型電子機器リサイクル推進機構東北

【共催】
株式会社東北3Rシステムズ
株式会社あるく

【講師】
株式会社あるく 代表取締役社長 男澤 亨
講師プロフィール:1971年宮城県登米市生まれ。大手印刷出版会社、IT企業を経て、同社(ITに関連する事業開発支援と調査研究/再生パソコンの販売製造)の現職。兼職として、公益財団法人仙台応用情報学研究振興財団 事務局長(ITに関連する研究・産学連携推進等)、復興大学コーディネーター(仙台圏の大学等のコンソーシアム)、仙台市社会教育委員、仙台商工会議所・宮城県商工会議所連合会 エキスパートバンク専門指導員など。NPOや中小企業のIT事情に精通している。

セミナー詳細、申込書はこちら→win7セミナーチラシ_1906

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL