資料・統計(2016年1月15日更新)

平成27年度全国学力・学習状況調査の結果を活用した学力、学習習慣、学習環境等の関連性に関する調査研究

2015/12/1 文部科学省

  • 「落ち着いた学習環境なら学力は上がる」当たり前といえば当たり前のような気がします。
  • しますがさて、子どもたちにそのような学習環境を提供するように、大人たちはちゃんと努めているのでしょうか。

5822020208_a7b804005b_o

Photo by ajari via flickr.

第6回通信販売調査レポート Part2

2015/12/25 エルテックス

  • 昔は「ネットでしか買えない商品なのでネットで買う」という購買行動がポピュラーでしたが、ECの取り扱い範囲の拡大とロジスティクスの進歩が大きく状況を変えました。日用品をネットで購入するのは、もはや珍しくない行動です。
  • 実店舗で商品を確認してネットで購入する購買行動は「ショールーミング」と呼ばれているようです。また逆に、店舗で購入する前に商品の評判・レビュー等をネットで確認する行動もみられます。売る側としても、どちらか片方、では十分ではない時代のようです。

2015年検索エンジンマーケティング業界10大ニュース

2015/12/25 アイレップ

  • ECにおいて検索エンジン対策は生命線のひとつです。頻繁に変更されるアルゴリズムに対し、動向を把握して対応する必要があります。
  • とはいえ検索エンジンの変化の大原則は「ユーザの利益によりかなうように」です。顧客の利便性をなにより優先してECサイトを運営していれば、過剰に変化を恐れる理由もありません。

「玩具卸売業」業績動向調査

2015/12/25 東京商工リサーチ

  • スマッシュヒットか、定番の充実か、といったあたりの目利きが重要なようです。

2016年 新成人に関する調査

2016/1/7 マクロミル

  • 堅実で、政治への関心も比較的高く、現在の社会に変化が必要であると意識している。――そんな新成人像が浮かんでくる調査結果です。

リードナーチャリングの実態

2016/1/8 ディーエムソリューションズ株式会社

  • いわゆるCRMを、見込み客に対してよりビジネス寄りに実践する。リードナーチャリングというのは、そのようなニュアンスを持った用語のようです。
  • さまざまなテクノロジーの進歩が、より密接な顧客サービスを可能にしています。

規制産業にこそビジネスチャンス ~なぜ1000億円規模の新ビジネスを生み出せるのか~

2016/1/8 NTTデータ経営研究所

  • 産業のスキームを変えることはたいへんなエネルギーが必要ですが、その先にはブルー・オーシャンが広がっている、という提言です。

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年12月度)

2016/1/8 マーケティングリサーチキャンプ

  • Instagramにおける広告は利用者の抵抗感が少ない、という調査結果もありました。

法人ユーザーにおける携帯電話/スマートデバイスの導入配布状況・ニーズに関する調査

2016/1/12 MM総研

  • 継続的な増加が見込まれています。

「法人番号(企業版マイナンバー)」調査

2016/1/13 東京商工リサーチ

  • 地方企業・中小企業で活用への関心が薄い、という調査結果になっています。

ベビー関連商品の購入に関するアンケート調査結果 2015

2016/1/14 矢野経済研究所

  • 購入チャネルとしてネットショッピングが定着している、という調査結果。
  • 子育て環境によっては、ネットショッピングで必要な商品が入手できる環境は福音ともいえるので、その意味では当然の結果かもしれません。

高齢者の実態調査報告 -高齢者の地域及び人との関わりあいに関するレポート-

2016/1/14 一般社団法人終活コンシェルジュ

  • 高齢者の2割から3割が「おひとりさま」として暮らしている、という状況が透けて見えます。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL