NPOのパソコン調達支援宣言-Windows7サポート終了にあたり-

マイクロソフトのWindows7に対するセキュリティ等更新サポートが、2020年1月14日に終了します。

この結果、以降はWindows7のパソコンをインターネットに接続すると、ウイルス等に対して無防備な状態となって、ウイルス感染や個人情報をはじめとする機密データの流出、詐欺サイトへの誘導や犯罪行為の踏み台になったりするリスクが格段に大きくなります。

当社あるくでは、再生パソコンを製造し販売するにあたって、このリスク対策として、Windows7は扱わずWindows10をインストールした機械だけを提供してきました。

また、Windows7からWindows10への移行について、インターネットやチラシなど印刷物を通じて、啓発を続けてきました。

さて、Windows7サポート終了まであと半年余りとなるなか、NPO等の公益性団体が所有するパソコンの移行が、企業に比べてだいぶ進んでいないことに気がつきました。聞いてみると、パソコンを買い換える経費が捻出できないことが主な理由のようです。

重要な個人情報を保有しているNPO等も少なくありませんし、万一漏えいしてしまった場合の業務への支障や経済的損失は計り知れないものがあります。

では、どうしようか。

通常当社が提供している再生パソコンは「きれいで丈夫」を謳っています。多くの人の要望に応えようとして、大きな傷がついていたり、キーボードがすり減っていたりなど、比較的見栄えのよくない機械や量販店で扱っている消費者向けの機械などは、再生整備せずに、障害者施設に依頼して分解し、資源としてリサイクルにまわしていました。

パソコンとして使用するのにまったく問題のない機械が多いのでもったいないと思いつつも、市場価値が低いことから処分してきました。

今回これらの機械を使用に支障のないレベルに整備して、「訳あり」再生パソコンとしてNPO等に対し、低価格で提供することといたしました。

価格帯は9000円、14000円、19000円、24000円として、価格に応じた再生パソコンを用意してまいります。

ところで、パソコンを換えるにあたって多くの人が問題とするのは、データやソフトの移行です。これまでパソコンの活用が業務に直結する中小企業で困っている声に応えて、データ移行等のサポートサービスも提供してきました。NPO等ではこのサポート費用の捻出も難しいところが少なくないことでしょう。

ついては、Windows7サポート終了までの間を目安に、定期的にセミナーを開催し、Windows7サポート終了後の危険やその対策、特にデータ等移行の方法について相談に応えようと考えました。

当社の再生パソコン調達や再生工程等に携わっているグループ企業にも協力をいただけました。

また、仙台圏の主要なNPO中間支援組織のご賛同とご協力もいただけることになりました。

限られた時間のなかで、私たちが貢献できる範囲は限られていますが、宮城県、仙台圏の団体を中心に支援してまいりたいと考えています。


この件に関する問い合わせについては、できるだけ本サイトの問い合わせフォームをご利用いただけますようお願い申し上げます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL