カテゴリー: 【今日の一冊】 (1ページ/2ページ)

bubbles

【今日の一冊】黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い(畠山理仁)

黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い

(畠山 理仁)

40年ほど前になりますが、参議院選挙に立候補した東郷健という人物の演説をテレビで見ました。雑民党総裁。彼は自身が男色で、今でいう LGBTや貧困層、部落出身者などの差別や偏見をなくすべきだと語っていました。

彼の主張からは信念を感じられましたが、私には「世の中には変わった人がいるな」と上っ面の感想だけで通り過ぎました。

そのあたりから、選挙の政見放送を好んで見るようになりました。特に参議院選挙。泡沫候補と言われる人たちが、たくさんいて自説を張ります。正直言って彼らは私の投票の選択肢にはなりえないので、東郷健さんと同じように「変わった人」の人物像を想像する、バラエティ番組のような感覚で見ていたのは事実です。

本書は、泡沫候補では失礼だ、「無頼派候補者」と言い換えて、彼らが立候補した選挙での行動を追ったノンフィクションです。

いま日本で最も有名な無頼派候補といえばマック赤坂さんですが、著者は彼を10年間にわたって密着取材して、彼の本質に迫ります。スマイル党党首として、口角を上げるスマイルセラピーのポーズで笑いを取る。いや笑いを取ってるわけではない。

彼は訴えるべき政策を持っており、それは全く納得させられるものなのですが、マスコミは彼を泡沫候補として扱い、政策を追うことはしない。そのために彼は、選挙でいかに目立つか、異端的な出で立ちや行動をとっている。奇策を積んでいる。10年間で数万票を獲得するまでに知名度を上げた。

他の無頼派候補たちも、それぞれ主張を聞けば、納得するものを持っています。例えば2016年の都知事選挙に出たある候補は、「誰もがほどほどやっていける社会。みんなが納得行く社会。毎日向ぼっこしてでも許される社会。」とスローガンを掲げる。話を聴いていくともっともだ。政治家として活躍できる素質があるかどうかはわからないけれど、抽象的かつ総花的な公約をばらまくばかりの候補者より、傾聴に値すると思います。

彼らの主張を読んでいると、主要政党の候補者の主張がとても薄っぺらいものに見えてきて、素直に耳を傾けると、政治とはなにか政治家とはなにかと考えさせられました。

また、選挙民には立候補の自由がある。しかし、日本の国会議員選挙の供託金は300万円。この制度自体世界ではあまりないそうで、この金額を用意し、面倒な書類を整えてまで選挙に出てくるには、それだけで行動力や知的レベルも相当のものです。日本の政治家は政治に国民に政治に関心がないと嘆きつつ、参入障壁をあげて既得権益を守っている 。

本書には感動させられました。みなさんにもぜひ読んでいただきたい。星5つを超えて星6つを差し上げたいところです。

(2018/01/12読了 ★★★★★)

(追伸)

以上を書き終えた後で、河北新報の書評に本書があったので、ワンフレーズを引用させていただきます。

(略)泡沫候補と呼ぶ。選挙が終われば、泡のように消え去ると揶揄する言葉だ。しかし、マック赤坂は消え去らなかった。泡沫と呼ばれた彼は、10年間消えず、弾けず、どことも結ばず、政治の流れの中で一人もがき続けた。むしろ、主要候補とされた政治家の多くが、選挙で負ければ泡のように消え去り、または別の泡に変わり果てた。本当の泡沫はどっちだ?
(藤岡利充 河北新報2018/01/14)

 photo by p.v via frickr

LINEで送る
Pocket

7460473648_66ca34d546_b

【今日の一冊】その「もの忘れ」はスマホ認知症だった(奥村 歩)

その「もの忘れ」はスマホ認知症だった

(奥村 歩)

スマホを四六時中いじって、過剰な情報が脳にインプットされると脳過労が起きる。その結果、記憶力をはじめとする脳機能を低下させてしまう。
著者は脳外科医でそのことを称して「スマホ認知症」と、あえて印象的なネーミングを行ったわけです。

  • スマホ依存により、40代、50代に物忘れ症状が急増している。
  • 脳が情報メタボになると、深く考える機能がフリーズする。また、深く考える機能は使われなければ低下する。
  • 忙しい人の脳は、鍛え方より休ませ方が大事。 毎日の習慣にゆとりを取り戻す。

私自身は子どもたちに情報モラルの啓発活動を行っているのですが、実は、自分自身もネット依存になりがちであることを自覚しています。スマホは持っていないので、専らパソコンですが。

根がせっかちなので、ぼんやりする時間は苦手なんですが、頭を休ませよう。
まず、お風呂で音楽聴くのやめよう^^;

ご同輩のみなさんに自戒を込めて、★4つ。

(2018/01/05読了 ★★★★☆)

 photo by Danielle Scott via frickr

LINEで送る
Pocket

4020982037_62bee53ef3_b

【今日の一冊】残酷すぎる成功法則(エリック・バーカー)

残酷すぎる成功法則

(エリック・バーカー (著),‎ 橘玲 (監修, 翻訳),‎ 竹中てる実 (翻訳))

90歳近くまで現役であった天才ピアニスト、アルトゥール・ルビンシュタインは、不遇な時代を経て演奏家として復活を勝ち得たとき、このような言葉を語りました。

「I have found that if you love life, life will love you back. (人生を愛せば、人生も私を愛してくれるということに気がついた。)」

僕の大好きなフレーズです。
彼のこの成功は、40代半ばになったとき、結婚したばかりの妻のアドバイスによって、芸術家としての自分を再発見したのでした。

本書は、かつて様々な成功者や学者が語った、定評のある成功の法則を、膨大な文献をもとに科学的な見地から有用かどうか検証し、取りまとめた労作です。

僕がもっとも気づきを得たことは、「汝自身を知れ」。すなわち、自分の能力や経験、人的資産をもとにして人生を組み立てることが重要であるということ。

ルビンシュタインのエピソードは、まさにこれで、妻のアドバイスによって自分の天分を初めて理解したことによるものでした。うまく噛み合った瞬間、人生が回り始めるということなのでしょう。

もう一つの啓発は、セルフコンパッションという聞き慣れない言葉でした。
自分への思いやりを大切にしなさい、うまくいかないときは自分自身を許しなさい。
読んでいるときには、自分を許すということが感覚的にわかりませんでしたが、何度か自問自答を繰り返すうちにわかってきました。往々にして張り詰めがちの僕の心も、少し溶けかかって心地よい気分になりました。

その他にも、たくさんの示唆に富むアドバイスがあって、マインドマップにまとめました。新年の指標にできるかと期待して読みましたが、正解でした。実行に移していきます。

なお、成功法則とのタイトルですが、ビジネスでの成功だけではなく、人生の幸福をも成功としていることをお断りしておきます。

翻訳書はすっと頭に入ってこないことがあるので、ごめんなさいマイナス1点として、★4つ。

(2017/12/30読了 ★★★★☆)

 photo by Carmela Nava via frickr

LINEで送る
Pocket

3300223260_785589ed09_o

【今日の一冊】ラインマーカーズ(穂村弘)

ラインマーカーズ(穂村弘)

「セーラー服の歌人 鳥居」の感想をブログに書きましたが、鳥居さんが影響を受けたという穂村弘さんの短歌集「ラインマーカーズ」を摘み読みしてみました。
シュールな心象風景か想像の世界を詠んだのでしょう、言葉の組み合わせがおもしろく、いくつか気に入りましたので、ご紹介します。

「フレミングの左手の法則覚えてる?」
「キスする前にまず手を握れ」

高校生のカップルの会話が知的な乱暴感でほほえましい。

にょにょーんとピザのチーズを曳きながら
ユダとイエスのくすくす笑い

ユダもイエスも人がわるそう。

日の丸の円周率のうつくしい産医師
異国で血に染まりおり

産医師は女性なのか?日の丸と血の因果関係はあるのか?
(2017/12/17つまみ読み ★★★☆☆)

 photo by moonpaste via frickr

LINEで送る
Pocket

17267655122_c0a41468b3_z

【今日の一冊】セーラー服の歌人 鳥居(岩岡千景)

セーラー服の歌人 鳥居(岩岡千景)

2歳で両親が離婚、小学生で母の自殺、養護施設での虐待、ホームレス生活などを体験。中学校もあまり通えず、拾った新聞で文字を覚えたというした女性歌人「鳥居」の半生を描いたノンフィクション。
すべてが事実とは私には信じられないほど、過酷な人生を送っているので、正直言って、どこまでがノンフィクションでどこからがフィクションなのか、判然としません。
それを割り引いたとしても、圧倒的な体験と感性に基づいた短歌は、心を揺さぶって離さない。母の日の思い出、母の死と、精神の病、養護施設施設でのいじめ、学校での孤独、家族との葛藤、歌作とNPO活動… どのシーンをとっても、過酷な苛烈な人生体験
ひとつご紹介。

音もなく
涙を流す我がいて
授業は進む
次は25ページ

その他の短歌は「キリンの子 鳥居歌集」を読んでいただくことにして、本書で読んだ金子光晴の短歌が気に入りました。

愛情をさがすのは
熟練がいるのだ。
錠前を、そっと
あけるやうな。

セーラー服を着ているのは、自分と同じように学校に行けなかった人たちが、再教育を受けられる社会になるように、という願いをこめているため。
踏まれても押されても生きている人がいて、愛情を求めている。
さて、僕は…
(2017/12/09読了 ★★★★★)

photo by francois karm via frickr

LINEで送る
Pocket

1ページ/2ページ

Copyright © Tohru Otokozawa. All rights reserved.